デザインを伝えること

m10

『プレゼンテーション』

本日はメディア1年生、初めての作品の発表日でした。
ご覧の通り、教室内に設置されたスクリーンに各自が制作したデザインを投影し、5分間のプレゼンテーションをしました。みんな緊張しましたが、大盛り上がりでしたね(^-^)
社会人になると、デザインの発表や売り込み、企画提案などをクライアントやチーム内に発表する『プレゼンテーションの技術』が必要になります。クライアントがかならずしも内容に専門的に関わっているとは限りませんよね?わかりやすくそして魅力的に説明することを心がけなくてはなりません。

相手に『伝えること=プレゼンテーション』、相手の『話を聞くこと=ヒアリング』この2つの項目はとても大切なことです。
メディアクリエータコースでは、MACを使用してのデザインは当然ですが、1年次から少しずつプレゼンテーション技術の練習を重ねています。例えば昨年度の産学連携事業 新鮮便様のCI計画はこのプレゼンテーションの技術を試すのに良い実例だったと思います。
その他にも、デザイン研究部などでも、クライアントとデザインの打ち合わせをしたり、プレゼンテーションの機会を意識的に増やしています。

このように、PCでのデザイン以外にも、コツコツと下準備を積み上げていくことも本コースの特徴だと思います(^-^)

(nemo)

 

広告