デッサン講座1日目

夏デッサン02

『モチーフ魅力・出題者の意図を見抜こう』

夏期 デッサン講座スタートしました(^-^)/

高校生の受講者も含め、40名の有志でスタート。モチーフは夏らしく、大きな小玉スイカが中央に配置され、その周囲をワインのガラス瓶、オレンジ、ブロック、布で囲まれています。『デッサンが終わったら、スイカ割だー』なんて考えてる子いませんか(笑)

みなさん第一課題の狙いは理解出来ましたか?見下ろしの台の平面上はすべてモチーフですね。球体、円筒形、直方体と、幾何立体を意識した形態。有機物、人工物など視覚、触角なども対照的な質感、そして大胆な固有色。デッサンの勉強において、とてもベーシックで明快なモチーフセットとなっています。これらを意識し、正しい形態や空間表現の練習、バランスのとれた構図の研究をしましょう。とは言うものの、それにもまして大切にして欲しい事は、みなさんが席に座って、初めてモチーフを目にしたときの”感動”です。はじめにみなさんがアンテナで受信したその感動を画面に表現させましょう。そして、モチーフの”らしさ”を良く観察し、魅力的な色や形を沢山見つけて下さい!第一課題は2日間で完成。明日の午後は講評会と、スライドによるデッサンの勉強会です。さあみんな、良い6日間にしましょう(^-^)

(nemo)

広告